| お問合せ | 関連リンク | English |


「第3回 国際かきシンポジウム」は無事終了いたしました。
関係各位のご支援ご協力に心より御礼申し上げます。

 
シンポジウムの様子を撮った写真を公開しています。>>ここから

  世界かき学会会長から第3回国際かきシンポジウムへのご案内 >>ここから
IOS3ご案内【最終】 >>ここから
IOS3ポスター >>ここから 



第3回国際かきシンポジウムのご案内 (第一報)




 会  期
平成21年11月2日〜4日 (11月4日:ポストシンポジウムツアー)
 開催場所
台湾台北市 国立台湾大学 Gis コンベンションセンター
 主  催
世界かき学会(WOS)
行政院農業委員会水産試験所
国立台湾海洋大学
アジア・太平洋地区食糧肥料技術センター
 後  援
行政院国家科学委員会
行政院環境保護署
行政院農業委員会漁業署
国立台湾大学
国立嘉義大学
彰化区漁会
嘉義区漁会
財団法人食品工業開発研究所


テーマおよび目的

テーマ
 カキ産業における最近の進歩、可能性、挑戦および課題
目 的
  • カキ養殖の管理
  • カキ生産と疾病防除
  • カキ生産過程における環境の水質モニタリングと改善
  • カキ品種と系統の遺伝的改良
  • カキ幼生の天然採苗と人工採苗
  • カキ産業における生産・加工
  • カキの人類健康への貢献
  • カキの食文化

 

基調講演者

氏名
所属
講演内容(予定)
Aswani K. Volety 博士
フロリダ ガルフコースト大学教授
環境の水質モニタリング
David Raftos 博士
オーストラリア マッコーリ大学生物科学学部助教授
プロテオミクスと耐病性
Fu-Lin E. Chu 博士
アメリカ ウイリアム アンド メアリー大学バージニア海洋科学研究所名誉教授
寄主・寄生体相互関係
Kun-Hsiung Chang 博士
中華民国渓流環境協会理事長
台湾澎湖のカキ養殖
Qi Li 博士
中国海洋大学水産学院教授
遺伝
橋計介 博士
東北大学大学院農学研究科准教授
生体防御

 

■組織委員

委員長

森 勝義 博士 世界かき学会会長、東北大学名誉教授
Wei-Cheng Su 博士

行政院農業委員会水産試験所 所長

Kuo-Tien Lee 博士 国立台湾海洋大学 学長
Jen-Chyuan Lee 博士 アジア・太平洋地区食糧肥料技術センター所長

委 員

Ching-Fong Chang 博士 行政院国家生物科学開発局局長
Chu-Tsan Chen 氏 彰化区漁会総幹事
Jiann-Chu Chen 博士 国立台湾海洋大学水産養殖系教授
Shih-Chin Chen 氏 行政院農業委員会水産試験所企画情報部部長
Wen-Yan Chiau 博士 行政院環境保護署副署長
Tzong-Shean Chin 博士 国立嘉義大学水生生物科学系教授
Deng-Fwu Hwang 博士 国立台湾海洋大学生命科学院院長
Koa-Jen Jong 博士 国立嘉義大学生物資源学系副教授
King-Jung Lin 氏 行政院農業委員会水産試験所水産養殖部部長
Don-Chung Liu 博士 行政院農業委員会水産試験所主任秘書
Hsuan-Shih Lee 博士 国立台湾海洋大学研究開発室室長
Kuo-Kau Lee 博士 国立台湾海洋大学教務長
Chih-I Sha 博 士 行政院農業委員会漁業署署長
Shyn-Shin Sheen 博士 国立台湾海洋大学水産養殖系主任
Chuan -Yuan Shiau 博士 国立台湾海洋大学食品科学系主任
Yen-Ling Song 博士  国立台湾海洋大学生命科学系教授
Chi-Lu Sun 博士 国立台湾海洋大学海洋研究所教授
Chung-Yu Wu 氏 嘉義区漁会推廣課課長
Chwen-Herng Wu 氏  行政院農業委員会水産試験所水産加工部部長

 

■国際諮問委員

委員長 
森 勝義 博士 世界かき学会会長、東北大学名誉教授

委 員

Nejla Aloui-Bejaoui 博士 チュニジア国立農学研究所教授
Pierre Boudry 博士  フランス国立海洋開発研究所(IFREMER)遺伝学者
Kwang-Sik Albert Choi 博士 韓国 済州国立大学海洋科学部教授
Fu-Lin E. Chu 博士 アメリカ ウイリアム アンド メアリー大学バージニア海洋科学研究所名誉教授
Ximing Guo 博士  アメリカ ラトガーズ大学海洋沿岸科学学部研究所教授
Jonathan W. King博士  イギリス バンゴー大学海洋科学センター副所長
Balasaheb G. Kulkarni 博士 インド科学研究所動物学部部長
René E. Lavoie 博士 カナダ国立ベッドフォード海洋研究所名誉研究員
Kuo-Tien Lee 教授 国立台湾海洋大学学長
Qi Li 博士 中国海洋大学水産学院教授
Greg Maguire 博士  オーストラリア エディスコーワン大学アカデミックライティングコンサルタント
Wayne A. O'Connor 博士  オーストラリア ニューサウスウエールズ州第1次産業省ポートスティーブンス漁業研究所 主任研究員
David Raftos 博士  オーストラリア マッコーリ大学生物科学学部助教授
René Robert 博士 フランス国立海洋開発研究所(IFREMER)アルジェントン貝類孵化実験場場長
Wei-Cheng Su 博士  台湾行政院農業委員会水産試験所所長
Ketut Sugama 博士  インドネシア海洋漁業省水産増養殖部長
橋計介 博士 東北大学大学院農学研究科准教授
Aswani K. Volety 博士 フロリダ ガルフコースト大学教授
渡辺 貢 博士 鞄n辺オイスター研究所代表取締役社長、財団法人かき研究所評議員
Noel P. Wilkins 博士 アイルランド国立大学動物学部教授
Xinzhong Wu 博士 中国 浙江大学動物科学学院教授
吉水 守 博士 北海道大学大学院水産科学研究院教授

 

■提出・申込等の期限

早期参加申込み 9月10日  
講演要旨の提出
9月10日
締切日を延長しました。
ポストシンポジウムツアーの申込
9月10日
締切日を延長しました。



■講演要旨作成要領

作成要領

1. 表題は、12ポイントのARIALフォントの大文字ボールドにして下さい。
2.講演者には、氏名の末尾に*印をつけ、著者の電子メールアドレスを記載して下さい。
3.原稿は、A4版用紙1枚です。用紙の余白は上下左右 それぞれ26mmにして下さい。
4.フォントは12ポイントのARIALフォントを使用し、シングルスペーシングにして下さい。
5.段落は1行あけて改行し、インデントしないで下さい。
6.鮮明な図表をお願いします。

投稿要領

 講演要旨に送付状(Abstract Transmittal Form )を添えて、下記の事務局宛お送りください。
     IOS3 @mail.tfrin.gov.tw  
  >>送付状のダウンロードはここから

 

■参加料金

区  分
会員区分
 9/10までに申込みの場合
9/11以降の申込みの場合

一  般
WOS会員
250USドル
300USドル
WOS非会員
300USドル
350USドル

学  生
WOS会員
125USドル
150USドル
WOS非会員
150USドル
175USドル
同伴者
 
150USドル
175USドル
WOS会員枠で申込みされる方は、既にお知らせしておりますWOS会員番号を提示してください。また、学生枠で申込みされる方は、学生証の写しを提示してください。
学生枠で早期参加申し込みされる方には料金が30%割引となります。

 

■参加申込・支払方法、その他

申込方法
登録用紙(Registration Form) をコピーして、必要事項を記入の上、台湾の開催事務局宛送付してください。この用紙には、支払方法、ポストシンポジウムツアーの記入欄があります。 
     ≫登録用紙のダウンロードはここか

ポストシンポジウムツアー

下記の3コースが予定されています。なお、ツアー内容および料金は、申込み状況により変更または中止になることがあります。また、予約は先着順です。ツアーの参加申込期限は9月10日です。

  1. 北海岸観光エリアへの日帰ツアー(九分・金山・朱銘美術館)   料金 50USドル
  2. 宜蘭への日帰りツアー(ワイン博物館・国立伝統芸術センター)  料金 50USドル
  3. 台南カキ産業視察1泊ツアー (七股塩田・七股潟湖・安平古堡・安平カキ灰窯文化館)
    料金 250USド
支払方法

支払は、USドルのみとなります。
送金方法は、次の中からお選びください。送金先は登録用紙に記載されています。

 
1.米国銀行発行の送金小切手
  2.電信送金(TTS)
  3.クレジットカード(Visa、Master、JCBカードのみ利用できます。) 

夕 食

シンポジウム開催中の11月2日、3日の夕食は、事務局で用意します。

ご参考

交通機関

  台湾桃園国際空港から会場となる台北市国立台湾大学 までの所要時間は、空港バスで約1時間  (片道料金約4USドル)、タクシーで50分(片道約45USドル)です。
   台北市周辺へは台北捷運(Metropolitan Rapid Transportation) が早くて便利、市内の移動にはタ  クシーが手軽です。

台北市内のホテル

  • Leader Hotel,        http://www.leaderhotel.com/taipei/en/content/intro.htm
  • The Howard Plaza Hotel,  http://taipei.howard-hotels.com/?Lsn=2
  • Ambassador Hotel      http://www.ambassadorhotel.com.tw/En/Taipei/index.aspx
  • Grand Formosa Regent,  http://www.grandformosa.com.tw/English/index.html
  • Hotel Royal Taipei      http://www.royal-taipei.com.tw/index-e.htm

関連ウエッブサイト

  • 台北市政府    http://english.taipei.gov.tw/TCG/index.jsp
  • 交通部観光局   http://eng.taiwan.net.tw/lan/Cht/search/index.asp
  • 交通部気象局   http://www.cwb.gov.tw/eng/index.htm
   以上、第3回国際かきシンポジウムの概要となります。皆様奮ってご参加ください。
    なお、詳細日程および基調講演者等については、8月に下記ウェブサイトの「最終案内」でお知らせいたします。
  • World Oyster Society          http://www.kakiken.or.jp/wos/index.html
  • Fisheries Research Institute      http://www.tfrin.gov.tw/
  • National Taiwan Ocean University   http://www.ntou.edu.tw/

「第3回 国際かきシンポジウム」に関するお問い合わせは
世界かき学会事務局(財団法人かき研究所 総務部)

TEL 022-303-9033 / FAX 022-303-9034
e-mail  wos-info@kakiken.or.jp


Copyright (C) Oyster Research Institute. All Rights Reserved.