世界かき学会

会長からのメッセージ

世界かき学会会長 
森 勝義

 私が講演等の際に好んで使う言葉の一つに「海を生かし、海に生きる」がある。「海を生かす」には二通りの意味が込められており、一つは海を殺さぬこと、つまり海洋環境を破壊しないように守ることである。もう一つは、海を正しく活用することである。両方を合わせて言うと、海の環境をできるだけ良い状態に保ちながら、海洋の生物生産の余剰分をいただき、かつ幾らかでも生産を人為的に高める手段を講じることによって得ることができた海からの贈り物をありがたく頂戴することが「海を生かす」ことである。その結果、人類が生存できるわけであるから、「海に生きる」ということになる。「海を生かす」ことに人生の意義を感じることも「海に生きる」ことであろう。多くの食料を海に依存している人類にとって、今後もこの地球で生存し続けるためには、その表面積の約 75 %を占める海洋を積極的かつ主体的に活用することを余儀なくされている。しかし、海は無限に開発を許すほど寛大ではないし、人類が生き残るためには自然と調和しなければならない以上、「海を生かし、海に生きる」は、正しくは「人は海に生かされている」と言い換えるべきである。その意味で海を利用させていただいているという謙虚な気持を若者に植え付けるような教育が必要であり、その場合に大切なことは、我々が若かりし頃に植え付けられた開発至上主義、成長促進一本槍の精神からまだ脱却できないままで教育してはならないということである。

  およそ 1 万年前に、人類は農耕・牧畜という新しい生活様式を選択したために、以後は人口増加の一途をたどり、特に産業革命を契機として地球型生命の枠をはみ出してしまったと考えられる。そのように考える理由の一つは、自然の生態系がその中で完結してしまう物質循環システムをもっているのに対し、人間の経済活動はそのようなシステムをもたない“たれ流し”の技術に依存したものであるということである。現在、世界的な問題になっている海洋汚染をはじめ、オゾン層破壊、温暖化、酸性雨などの諸現象はいずれも、そのような技術が後始末をすべて自然界に押しつけてきた結果として人工的に引き起こされたものである。そして、これらの地球的規模で発生する異常現象から、我々は誰一人として逃れられないのである。地球をとりまく大気や海水は互いにつながっていることを考えれば、聖域として残される場所は地球上のどこにもないと言ってよい。

 人類は環境から最も自由であり、これを征服しようと思えばいつでもどこでも可能であると誇ってきた。しかしながら、その人類といえども、あまり環境の変化が急激すぎると、適応能力がこれに応じることができず、滅びるしかない。そして、明確に言えることは、健康な地球とは、人類を含めて生物の進化や適応を依然として保障するような環境をもっている地球、いや正しくは海洋球を指すということである。なぜ海洋球と呼ぶかと言えば、その表面積の約 75 %を海洋で覆われた惑星はこの地球をおいてほかにないからであるが、このことは「海を生かし、海に生きる」ことを真に実践することこそがこの惑星を健康に保つ道であることを教えているように筆者には思えるのである。

 我々人類は海に誕生した原始的生命体が進化して今の姿になった生物の一種であるという厳然たる事実を踏まえるならば、我々がこの地球でどのように生きていくべきかという問題を解く糸口は海の中に見いだすことができると考えてよかろう。いずれにしても、人間は海をはじめとする自然界とのつながりの中で生かされている生物である以上、海などについてもっともっと深く知ることが必要であり、これが「海を生かし、海に生きる」ための最も重要な条件である。そして、結論的に言うならば、本稿の主題となっている「地球環境調和型の水産増養殖システム」の構築とその実践こそが「海を生かし、海に生きる」ことそのものにほかならないのである。

 以上においては、「地球環境調和型の水産増養殖システム」の構築に際して考慮すべき問題点と乗り越えなければならない課題について、各々の背景とともに述べてきた。その中で、水産学者の一人として過ごした約 40 年に及ぶ筆者の研究や体験を踏まえた提言を敢えてさせて頂いた。これらの提言に対して、種々の御批判が読者から寄せられ、それによって筆者の自己啓発が進めば、これに勝る幸せはない。

ページの先頭へ