世界かき学会

第7回国際かきシンポジウム

シンポジウムの写真を公開しています

シンポジウムの概要

会  期
 2017年9月11日~14日日    
会  場
 イギリス ウェールズ バンガー大学
テ ー マ
 世界規模でのカキ生産の持続可能な発展を目指して
組織委員会
 委員長 Jonathan King 博士(イギリス バンガー大学応用海洋科学センター副所長)
 委 員 Daniel Lee 氏(イギリス バンガー大学応用海洋科学センター)
     Nancy Nevejan 博士(ベルギー ゲント大学)
     Burnell Shively 氏 (フランス シェフ )
     Florent Tarbouriech 氏(フランス TARBOURIECH代表)
     Viviana Rocca氏(フランス TARBOURIECH)
ウェブサイト
こちらからご覧ください

若手研究者賞 受賞者

1位

Dr. Zoe Hilton
Cawthron Institute 研究者 (ニュージーランド)

発表タイトル(2題発表)

1. Progress in selective breeding for resilience to ostreid herpes virus in Crassostrea gigas in New Zealand.
(Zoe Hilton, Norman Ragg, Hannah Mae, Aditya Kesarcodi-Watson, Samantha Gale, Mark Camara, Nick King, David Burritt, Brendon Dunphy, Ben Mortensen, Andrea Alfaro and Tim Young.)

2. Overview of the recent occurrence of Bonamia ostreae in the native flat oyster Ostrea chilensis in New Zealand; current status, control efforts, and challenges for the future.
(Zoe Hilton. Steve Webb, Nick King, Jane Symonds, Julien Vignier, Jonathan Banks, Suong Thao Nguyen, Konstanze Steiner, Serean Adams. )

2位

Dr. Ma. Junemie Hazel Lebata-Ramos
東南アジア漁業開発センター(SEAFDEC)水産部門研究員 (フィリピン)

発表タイトル

Why me? Because I’m single, young and more meaty
( Ma. Junemie Hazel Lebata-Ramos, Cleresa Dionela, Schedar Rose Novilla, Jonas Mediavilla, Rema Sibonga, Ellen Flor Solis and Frances Patrick Alicante. )

3位

Mr. David L.J. Vendrami
University of Bielefeld and Marie Curie Initial Training Network fellow 
(ドイツ)

発表タイトル

Investigation of the genetic structure of the Pacific oyster (Crassostrea gigas) in Europe using a high density SNP array.
   (David L.J. Vendrami, Luca Telesca and Joseph I. Hoffman.)

受賞者・選考委員長のコメント >>ここから

シンポジウム一覧

ページの先頭へ